洗浄成分を抑えて刺激を少なくしている

ニキビといえば皮脂が毛穴に詰まっておきる肌トラブルですから、洗顔することはとても大切です。
しかし、大人ニキビができている肌は敏感肌が多く、ちょっとの刺激でも肌が負けてしまいます。
刺激に肌が負けてしまったら肌トラブルは進むだけですから、強い成分は控えなければいけません。

 

洗浄成分が強い洗顔料を使うと肌はどうなる?

洗浄成分が強すぎると汚れや皮脂などを取り除くとともに、肌が必要としている水分や脂分まで一緒に取られてしまいます。
肌が必要としている水分と油分は、肌を外の刺激から守るために存在します。

 

しかし肌を守るための水分までもが一緒に取り除かれてしまいますから、肌を刺激から守るバリアがなくなります。
無防備になった肌は洗浄成分の刺激に負けて肌荒れなどのトラブルが起こり、大人ニキビも治るどころか悪化してしまいます。

 

大人ニキビ化粧品は洗浄成分が弱くても効果があるの?

大人ニキビ化粧品は洗浄成分を抑えて刺激を少なくしています。
洗浄成分が抑えられているのでは汚れや皮脂が落とせないから、大人ニキビが治らないのでは、と心配してしまいますよね。
けれどご安心ください。

 

たしかに強い洗浄成分を使っているのではありませんが、刺激に弱い肌でも大丈夫なように大人ニキビ化粧品では肌に優しい成分を使って作られています。

 

洗浄成分は弱い、と言っても肌に刺激がない程度に弱いだけです。
肌に優しくても洗浄効果が上がるように、成分を細かくするなど工夫してありますから、洗浄成分が強くなくても、十分に肌を綺麗にすることができます。