白ニキビ

通常ならば、人の肌は毛穴から皮脂などの老廃物を排出して呼吸を続けます。
しかし毛穴が詰まって皮脂などが外にでることができずにたまってしまうとできるのがニキビです。
30代以降の肌は新陳代謝が悪くなるため、大人にきびができやすいですが、大人ニキビの中でも初期段階のニキビは白ニキビと呼ばれています。

 

白ニキビはどうして出来るの?

30代を超えると、肌は乾燥しがちで新陳代謝が悪くなりますから、毛穴に余分な皮脂などが詰まりやすくなります。
毛穴に皮脂が詰まれば出口が塞がれてしまい、どんどん皮脂が詰まっていきます。

 

その結果できたのが白ニキビです。
白ニキビは見た目には色もないのでよくわからないのですが、触ると皮脂がつまって硬くなっているのがわかります。

 

白ニキビは大人ニキビ化粧品を使えば治せるの?

ニキビ化粧品には、思春期ニキビを治す化粧品と大人ニキビ化粧品があります。
ニキビを治したいからといって思春期ニキビ用の化粧品を使うと、成分が強すぎて30代以降の代謝が悪くなった肌には刺激が強すぎます。
両方ともニキビを治す化粧品であることは同じですが、白ニキビを治すためには大人ニキビ化粧品がおすすめです。

 

大人ニキビが出来る原因は肌の乾燥によるものが大きいですから、保湿を心がけて作られた敏感肌にも優しい大人ニキビ化粧品を使えば、白ニキビは少しづつ治っていきます。

 

白ニキビを治すためには、ニキビを詰まらせている皮脂を取り除くというよりも弱っている肌を元気にして新陳代謝を良くするよう、保湿を一番に考えて化粧品を選んでください。