ニキビ跡

ニキビは治っていてもなかなか消えないのがニキビ跡です。
一度できてしまうといつまでも悩まされて、お化粧をしてもうまく隠すことができないニキビ跡。
代謝が悪くて生まれ変わるまでに時間がかかる30代以降の肌は、ニキビ跡に悩まされやすいです。

 

ニキビ跡はどうして出来るの?

通常であれば肌は生まれ変わりを繰り返しますから、ニキビができていた肌もきれいな肌に変わります。
しかし、肌が上手に生まれ変わることができなくなれば、古い角質が剥がれにくく、ニキビも跡となって残りやすいです。

 

肌の生まれ変わるまでは、年齢が増えれば増えるほど時間がかかるようになります。
ニキビをきれいに治すためには、肌がきちんと生まれ変われるように環境を整えてあげることが必要です。

 

ニキビ跡は大人ニキビ化粧品を使えば治せるの?

ニキビ跡はシミと同じですから、美白効果が高い成分が入った大人ニキビ化粧品を選べば、ニキビ跡を消すことができます。

 

しかし、大人ニキビができている30代以降の肌は敏感肌の状態ですから、強い成分が入った化粧品では、逆効果となってしまって肌荒れを進めるだけです。
大人ニキビ化粧品は、敏感肌でも使えるぐらい肌に優しい成分で作られているものが多いです。
成分を調べて、肌に強い影響を与えないかを確認してから使うようにしましょう。

 

もう一つ、成分の粒の大きさにも注目してください。
美白成分が肌に浸透しやすいよう、ナノ化された成分で作られている大人ニキビ化粧品ならばニキビ跡に十分な効果が出ますよ。