黒ニキビ

ニキビの初期段階は色がなくて見た目にはわかりにくいのですが、それが変化したのが黒ニキビです。
黒ニキビは肌がまだ炎症を起こしている状態ではないのですが、見た目にも分かりますし放っておくと悪化する可能性のある危険なニキビです。
女性は30歳を超えると肌の生まれ変わりが遅く、いったん調子が悪くなった肌は元に戻りにくいため、大人ニキビの中でも黒ニキビは早めの処置が必要となります。

 

黒ニキビが出来る原因は?

黒ニキビはニキビの初期段階なのですが、白ニキビよりも一歩悪化した状態です。
最初は色がなかったニキビは、時間とともに空気に触れて酸化が進み、黒く色が変わります。
黒ニキビはこのままにしておくと炎症を起こして赤ニキビとなってしまいますので、早く治したければ黒ニキビのうちに治すことが必要です。

 

黒ニキビは大人ニキビ化粧品を使って治せる?

黒ニキビで一番心配となるのは色素の沈着です。
酸化して黒くなってしまった黒ニキビは、治っても色素だけが残ってシミになってしまう可能性もあります。

 

黒ニキビを治したければ、大人ニキビ化粧品の中でもビタミンCなど美白効果がある成分が入ったものがおすすめです。
ビタミンCといえば果物や野菜などからることもできますが、ビタミンCはそのままでは肌の奥まで成分が浸透しにくいという問題があります。

 

しかし成分を細かくするなどして浸透性を高めて配合した大人ニキビ化粧品ならば、新陳代謝が弱くなって肌が再生しにくくなった30代以降の大人ニキビができた肌にも効き目が高いです。