黄色ニキビ

ニキビが炎症を起こしたのが赤ニキビですが、さらに炎症を起こした部分が膿んでしまった状態が黄色ニキビです。
黄色ニキビができている肌はそのままにしておくとシミとなって肌に残ってしまうことも多いため、時間がかかってもすっかり大丈夫になるまで処置を続けなくてはなりません。

 

黄色ニキビはどうして出来るの?

黄色ニキビは炎症を起こした赤ニキビがさらに一歩悪化した状態です。
黄色くなった部分をよく見るようにすると膿が詰まってしまっていることがわかります。
炎症を起こして赤ニキビとなった肌はさらに炎症が広がったために肌の奥までダメージが届きます。
その結果、行き場がなくなった脂肪などが肌に残って化膿し、黄色ニキビとなるのです。
黄色ニキビは再発しやすいため、治るまでにはしばらくの時間がかかります。

 

黄色ニキビは大人ニキビ化粧品を使えば治る?

黄色ニキビを治すまでにはかなりの時間がかかりますが、大人ニキビ化粧品を使って長くケアを続けていけば治すことができます。
大人ニキビ化粧品の中には、炎症のできてしまったニキビに働きかけ肌の状態の改善につなげるものがいくつかあります。

 

大人ニキビ化粧品は敏感肌の方でも使っていただけるよう、気をつけて作っているものが多いです。
肌にやさしく作られた敏感肌用の化粧水があれば、大人ニキビは悪化することなくよい方向に向かせることができます。
また、これ以上黄色ニキビが広がらないように炎症を抑える効果が高い化粧品も大人ニキビを治したい方には効果的です。