赤ニキビ

ニキビは段階を踏んで悪化していくのですが、黒ニキビが悪化したかたちが赤ニキビです。
赤ニキビとはその名前のとおり赤く腫れてしまったニキビで、炎症を起こしている状態にあります。
30代の肌は代謝が悪くてニキビが悪化しやすく、気がついた時には赤ニキビになっていることがありますので要注意です。

 

赤ニキビはどうして出来るの?

赤ニキビは初期段階にあったニキビが一歩悪化した状態です。
最初は白ニキビや黒ニキビの状態であったニキビは、誰の肌にも存在するアクネ菌が増えすぎたことで炎症を起こし、赤ニキビとなります。

 

肌の新陳代謝が悪くて調子を崩しやすい30代以降の肌は、炎症が悪化するのもすぐなので早めの処置が求められます。
しかし一度赤ニキビになってしまうと、初期状態のニキビよりも赤ニキビは治るまでに時間がかかります。

 

赤ニキビは大人ニキビ化粧品を使えば治せる?

赤ニキビを治す方法は、他の状態のニキビを治す方法と変わりません。
しかし、赤ニキビは炎症を起こしているのですから、肌は通常よりも敏感な状態にあります。
化粧品を選ぶときは、刺激が少なくてやさしくケアすることが出来るものにしなければいけません

 

大人ニキビ化粧品の中には、敏感肌の方でも安心して使うことが可能な低刺激の化粧品もいくつかあります。
しかも、炎症が起きてより硬くなって成分が届きにくい赤ニキビができた30代の肌に対しても、奥までゆっくり成分が浸透しやすいように成分の分子を小さくして配合している化粧品も存在します。

 

浸透力が高く植物成分など肌に優しい成分で作られた大人ニキビ化粧品なら、赤ニキビができている肌も優しくいたわりながら治していきますので、悪化することなく徐々にきれいな肌に戻ります。