コラーゲン

コラーゲンとは?

 

コラーゲンは人の体を作るために欠かせないタンパク質の一つです。
コラーゲンがなければ、皮膚や骨、軟骨は作ることができません。

 

誰の体内にもあるコラーゲンですが、年令を重ねる度にだんだんと失われていきます。
一番多いピークの時は20歳ですが、その後は失われていくだけで、60歳までには20代の75%にまでになります。

 

肌の弾力を保ち潤いを与えている物質の一つがコラーゲンです。
年齢とともにコラーゲンが失われるとともに、肌も新陳代謝が崩れて老化が進みます。
若いころのぷるぷるした美肌を取り戻すためには、コラーゲンを外から補わなければいけません。

 

コラーゲンは大人ニキビにどう働く?

大人ニキビは跡が残りやすくなかなか治らないことが特徴の一つです。
ニキビ跡にも赤みが黒ずみが残ったもの、凸凹になってしまったものと種類がわかれます。
ニキビ跡の中でも、コラーゲンが効果を発揮するのは凸凹になってしまったニキビ跡です。

 

ニキビが出来たことによって、肌はダメージを受けます。
ダメージを受けた後の肌は再生することができず、肌にえぐれが残って凸凹になります。
しかし、そこで効果を発揮するのがコラーゲンです。
コラーゲンには、肌のハリや弾力を取り戻す力があります。
ですから、えぐれた部分にコラーゲンの力が働けば、肌は元通りになります。

 

その他、コラーゲンは大人ニキビができる乾燥しがちの肌に潤いを与える力があります。
ニキビがあるのに肌がかさかさしているという方は、コラーゲンを吸収して潤いを与え、ニキビの原因である乾燥を解消しましょう。