ケロイド状のふくらみができた場合

大人ニキビ自体は治っているのに、赤くなった肌の色が元に戻ることがなくやけどの跡のようにふくれ上がって残ることがあります。
それが、ケロイドになった大人ニキビ跡です。
ケロイド状になったニキビ跡は治すまでにはかなりの時間が必要ですから、辛抱強くケアを続けてください。

 

大人ニキビがケロイド状になった原因とは?

ケロイドができやすい体質も原因の一つですが、大人ニキビは何度も繰り返しやすい特徴があります。
ニキビが何度も同じ場所に出来た場合、最初は表皮や真皮だけだった肌へのダメージは、毛穴を完全に崩壊するほど大きく広がります。
そのため肌のコラーゲンが正常に再生されずに重なってしまい、肌は盛り上がってケロイドとなるのです。

 

ケロイド状になった大人ニキビ跡は大人ニキビ化粧品で治せる?

ケロイド状にまで悪化してしまった大人ニキビ跡は、自分で治すことはできません。
きれいに治すためには、皮膚科や美容外科を受診して適切な処置を仰ぐことになります。

 

皮膚科や美容外科を受診すれば、抗アレルギー薬の服用やステロイド系の塗り薬などが処方されます。ケロイドの跡を目立たなくするためには、レーザー治療が行われることもあります。

 

ケロイドになってしまったら、専門家の手を借りなければ治すことはできませんが、ケロイドになりやすいタイプの肌質の方は予防することで肌の悪化を防ぐことができます。

 

大人ニキビ跡をひどくしないように効果的なのが大人ニキビ化粧品です。
大人ニキビ化粧品の中でも、肌の保湿を守るものニキビの炎症を抑える成分が入っているものを選んで、毎日ケアを続けましょう。
早いうちにケアをすれば、ケロイドになる前に防ぐことができます。