茶色いシミとなって残っている場合

大人ニキビが治ってからしばらくたつのに治ったところが茶色のシミになって残ることはよくあります。
茶色のシミは触っても痛くはありませんし炎症もおきていませんが、なかなか消えません。
加齢によるシミと同じような状態になった茶色の跡を消すのはかなりやっかいです。

 

大人ニキビ跡はどうして茶色のシミになるの?

大人ニキビ跡の最初は赤や紫のニキビ跡です。
赤や紫のニキビ跡は、肌がニキビで炎症を起こしたときに毛細血管が内出血を起こした状態です。

 

赤や紫のニキビ跡をそのままにしておくと、外から紫外線があたってメラニン色素が沈着します。
紫外線から肌を守ろうと肌はメラニン色素を大量に発生させます。
大人ニキビができていた肌は弱っているために新陳代謝が追いつかず、ニキビ跡は茶色のシミとなって肌に残ってしまうのです。

 

茶色の大人ニキビ跡は大人ニキビ化粧品で治せる?

茶色の大人ニキビ跡は、赤い大人ニキビ跡よりも治すのに時間がかかります。
しかし、一生かけて消えない、というものではありませんから、地道なケアを続けることが必要です。

 

大人ニキビ化粧品の中に、ビタミンCが入った化粧品があります。
ビタミンCは美白効果が高く、沈着してしまったメラニン色素を外に出す働きがあります。
ビタミンCは果物など食べ物の中にも含まれていますが、確実に肌に浸透させるためには化粧品が効果的です。

 

化粧品の中にビタミンCを入れたものはいくつかありますが、肌に浸透しやすい形に作られたものを選べば、肌の奥までビタミンCが浸透して、だんだんと茶色のシミも薄くなっていきます。