間違った洗顔方法を行っている

ニキビを治したければ洗顔が大切なことはわかっていますが、洗顔をすればいいというわけではありません。
間違った洗顔方法を続けているとニキビは治らないどころか悪化するだけです。
大人ニキビは特に治りにくく再発しやすいですから、洗顔に注意が必要です。

 

間違った洗顔方法とは?

大人ニキビができたときは、皮脂のつまりを取ろうとしていつもよりも丁寧に洗顔したくなります。
しかし時間を掛けて洗顔を続けたりごしごしと強い力を入れて洗っていると、肌を痛めつけるだけです。
美肌を維持するためにしたことが逆効果になりますから、丁寧すぎる洗顔は控えましょう。

 

洗顔方法を間違うと、肌はどうなってしまう?

洗顔のし過ぎは肌への刺激が強すぎます。
大人ニキビができている肌は、普通肌の方よりも刺激に弱くなっています。
そんなときに肌に余計な刺激が加わればニキビは治るどころか悪化するだけです。

 

大人ニキビの原因は肌の乾燥にもありますが、洗顔を頑張り過ぎるとより乾燥を進めてしまいます。
また、大人ニキビは思春期ニキビよりも再発しやすいですし跡も残りやすいです。
ニキビをなくして肌をきれいにしたいから、とつい力を入れて洗顔したくなったとしても、大人ニキビを悪化させたくなければ肌に刺激を与えないことが大切なのです。
大人ニキビがなかなか治らない方は、自分の洗顔方法がどうか、よく考えてください。

 

大人ニキビ化粧品を使った正しい洗顔方法とは?

大人ニキビを治したければまず大人ニキビ化粧品の成分に注目してください。
大人ニキビ化粧品の中には、クレイ洗顔や泡洗顔など洗浄成分を細かくすることに着目して作られたものがあります。
クレイも泡洗顔も洗浄成分が細かくなっていますから、力を入れてこすらなくても洗浄成分が肌の奥まで届きます。

 

洗浄成分を調べて効果の高いクレンジングを選んだら、次はやさしく洗顔するよう心がけましょう。
洗浄成分を細かくしている大人ニキビ化粧品を使ってやさしく円を描くようにしてマッサージすれば、汚れはどんどん浮いてきます。
汚れが浮いてきたらきれいに洗い流して顔をスッキリさせてください。
洗い流す時に使うのは、水よりもぬるま湯にすることがおすすめです。
熱いお湯は皮脂を落としすぎて肌を乾燥させるだけですし、冷たい水は肌の毛穴を締めてしまって汚れを取ることができません。
体温よりも少し低い32度から35度程度を目安にして、やさしく洗い流せば洗顔はバッチリですよ。