化粧品の刺激に肌が負けている

ニキビができたらニキビ化粧品を使って治せばいいと思っている方は非常に多いです。
しかし、20代以降にできたニキビに対して10代の方が使っているニキビ化粧品を使って治そうとすれば、肌には逆効果です。
同じニキビ化粧品でも大人ニキビができている方は大人ニキビ用のものを選ぶべきです。

 

10代が使うニキビ化粧品と20代以降が使う大人ニキビ化粧品はどこが違う?

10代が使っているニキビ化粧品は、過剰に分泌される皮脂を抑えることを一番に考えて作られています。
もともと10代の肌は潤いがありますから、10代が使うニキビ化粧品は保湿についてあまり考えられていません。

 

しかし、20代以降の大人ニキビ化粧品は保湿対策を一番に考えて作られています。
もちろん皮脂を抑える成分も入っているのですが、それよりも肌の潤いを守ることのほうが大切だとされています。。
その他、大人ニキビ化粧品には元気をなくしている肌が元気になるように美容成分もたっぷり含まれています。

 

10代と同じニキビ化粧品は肌に刺激が強すぎる?

20代以降のニキビも10代と同じく皮脂が詰まったことが原因となってできます。
しかし、10代と20代以降では皮脂が詰まるまでの過程がまったく異なります。

 

大人ニキビができている肌は乾燥して元気をなくした状態です。
そんなときに、皮脂を抑える強い成分が入った10代が使っているニキビ化粧品をつければ、肌は化粧品の刺激に負けてしまいます。
肌が刺激に負けると大人ニキビは悪化するだけですし、治ったと思っていてもいつまでも繰り返すだけです。
大人ニキビができている肌には、肌に優しい成分で作られた化粧品を使ってください。

 

大人ニキビ化粧品ならば肌に刺激がないの?

大人ニキビ化粧品は敏感肌の方でも安心して使えるような肌に優しい成分で作られたものばかりです。
ですから毎日大人ニキビ化粧品を使っていても、肌が刺激を感じることはありません。

 

いくら刺激がなくても大人ニキビ解消に何の効果もなければ困りますが、大人ニキビ化粧品ならば刺激はなくてもニキビを解消する効果がある成分で作られていますから、心配しないでください。
大人ニキビはなかなか治りにくいことからしばらく化粧品は使い続けなければいけません。
刺激の強い成分が入った化粧品を使い続けていると肌は乾燥したりトラブルを起こしたりで大変なことになりますから、効き目は高くても肌に優しくトラブルを起こすことのない大人ニキビ化粧品に変えて、やさしくケアを続けましょう。