ホルモンバランスが乱れている

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つがあります。
通常であれば、この2つの女性ホルモンはバランスがとれているので問題はありません。
しかし何らかの影響でバランスが崩れれば、肌に影響が現れます。

 

女性ホルモンのバランスが崩れる理由とは?

生理になるといつも肌の調子が悪くなるのは、女性ホルモンのバランスが崩れるからです。
生理中だけでなく更年期障害や閉経でも女性ホルモンのバランスは崩れます。

 

加齢は女性ホルモンのバランスが乱れる最も大きな理由ですが、それ以外にも過剰なダイエットを続けていたり、栄養バランスの悪い食生活を送っていれば、若い方でも女性ホルモンのバランスは崩れます。
また、仕事が忙しくてストレスが溜まるなど精神的に病んでいる時も、女性ホルモンのバランスは崩れやすいです。

 

女性ホルモンのバランスが崩れると肌にどんな影響が出る?

ホルモンバランスが乱れると肌の新陳代謝にも影響が現れます。
代謝が悪くなれば肌は水分を蓄えておくことができずに乾燥肌になりますし、必要のない脂分が分泌されてしまって毛穴を詰まらせます。
そうなると毛穴から皮脂が排出されずに残ってしまうため大人ニキビができます。

 

肌の調子が悪くなれば、大人ニキビができるだけでなく化粧のりも悪くなります。
朝から化粧のりが悪ければストレスが溜まって女性ホルモンのバランスをさらに乱すだけです。
そうなるとつい化粧が濃くなって肌の調子を悪化させることもありますから、女性ホルモンの乱れは整えてあげなければいけません。

 

大人ニキビ化粧品を使えば女性ホルモンのバランスを整えられる?

大人ニキビ化粧品の中には、女性ホルモンのバランスを整えることに着目して作られたものがあります。
それがローズが入った大人ニキビ化粧品です。

 

ローズの香りは乱れた女性ホルモンのバランスを正常な状態に近づけます。
香りの良い化粧品は使っているうちに心も体も癒やされますので、気分をリフレッシュさせてバランスを整えるのです。

 

気持ちが落ち着けばストレスもなくなってすっきりしますし、肌にも良い影響が現れます。
大人ニキビが生理中や生理前後に増える、という方は女性ホルモンの影響を受けやすいですから、普段からローズの香りの入った大人ニキビ化粧品を選んで、やさしくケアを続けてください。
ローズの香りで女性ホルモンのバランスを整えることができれば、大人ニキビが出来るなどトラブルを起こした肌もだんだんと健康な肌に近づいていきますよ。