シャンプーや洗顔料のすすぎ残しがある

シャンプーや洗顔料はちゃんと洗い流しているつもりでも洗い残しがあったりします。
洗い残しがあれば肌への刺激となりますから、肌トラブルが起きて大人ニキビを作ります。
20代を超えるとだんだんと肌は刺激に弱くなるため、洗い残しがないよう普段から気をつけなければいけません。

 

洗い残しがあった場合に大人ニキビが出来る場所とは?

おでこや髪の生え際に大人ニキビができたという方は、その原因が洗い残しにあることが多いです。
きちんと洗っているつもりでも、髪の生え際のあたりに洗顔料やシャンプーは残りやすいです。
洗い流すときにおでこや生え際にシャンプーや洗顔料の成分が毛穴の奥に入って詰まるため、大人ニキビができてしまうのです。
思春期ニキビの場合は皮脂の分泌が多いおでこにニキビができることが多いのですが、20代以降におでこや生え際にニキビが増えたら洗い残しを疑ってください。

 

シャンプーや洗顔料の洗い残しがないように気をつけるコツとは?

前髪を伸ばしている方は特に生え際やおでこの部分は隠れていて見えませんからすすぐときに適当になりがちです。
敏感肌の方でも安心して使える洗顔料やシャンプーを使っていても、成分が残っていては肌に刺激となります。
ごしごし洗うことは肌トラブルのもとですが、丁寧に生え際まですすぐようにしてください。
そして洗い終わった後は、鏡で洗い残しやすすぎ残しがないか念入りにチェックしましょう。

 

大人ニキビ化粧品を使っていれば洗い残しは少なくなる?

大人ニキビ化粧品のクレンジングや洗顔料は、細かい泡やクレイで洗うものが多いです。
細かい泡やクレイを使えば成分が小さいために肌の奥まで届くため、洗い残すことはなく汚れをやさしく取り去ることができます。

 

シャンプーの成分が髪の生え際に残っていたとしても、泡やクレイが肌の奥まで届けば毛穴のつまりを浮かせて取ります。
そうすれば毛穴は引き締まって大人ニキビができなくなります。
大人ニキビ化粧品は保湿対策もバッチリですから、汚れがなくなってきれいになった肌に潤いを与えます。
シャンプーや洗顔を終えて水分を失った肌は、大人ニキビ化粧品の保湿成分のおかげでだんだんと潤いを取り戻します。

 

大人ニキビ化粧品を使えばシャンプーの洗い残しを取れるだけでなく、一緒に失われた潤いまでプラスすることができます。
潤いを失いつつある20代以降の肌には、大人ニキビ化粧品を使って優しく汚れをなくして保湿対策しましょう。