ビタミンが不足している

美肌を維持するためにはビタミンが必要だと言われています。
ビタミンの中でも体の中で不足すると大人ニキビの原因になるのがビタミンBです。
もう一つ、ビタミンCもニキビを改善する効果があるためニキビを解消するには欠かせません。
ビタミンは食べ物から取り入れることもできますが、足りない分は外から違う方法で補充することも必要です。

 

ビタミンBが不足するとどうして大人ニキビが出来るの?

ビタミンBには皮脂の過剰な分泌を抑える働きがあります。
しかしビタミンBが不足していれば皮脂の分泌を抑えることができないため、必要のない皮脂が分泌されて毛穴を詰まらせ、大人ニキビを作ります。
またビタミンBには糖分を分解する働きがあるのですが、ビタミンBが不足していれば糖分を分解できずに老廃物がたまってしまい、代謝が崩れます。
その結果、皮脂の過剰な分泌が促されて大人ニキビができやすくなります。

 

ビタミンCを取り入れると大人ニキビができている肌にどんな効果があるの?

ビタミンCには肌の炎症を抑える働きがあります。
ビタミンCは抗酸化作用がありますから、炎症をおこすもとである活性酸素を抑えることが出来るのです。

 

もうひとつ、ビタミンCは肌を生まれ変わらせるために必要なコラーゲンの生成も促してくれます。
肌の生まれ変わりがスムーズにいけば、大人ニキビの跡もおさまって美肌を取り戻すことができます。

 

大人ニキビ化粧品を使えば、ビタミン不足を補充できる?

大人ニキビ化粧品の成分を調べますと、ビタミンBやビタミンCが成分として入っているものがあります。
ビタミンはそのままの状態では粒子が大きいために成分が肌の奥まで浸透できません。

 

しかし、ビタミンを肌に浸透しやすいように粒子の細かい形に変えて配合してある大人ニキビ化粧品もあります。
それがビタミンC誘導体などの成分です。
大人ニキビ化粧品の製造会社はそれぞれ技術を駆使して肌に浸透しやすい形にビタミンを作り変えましたから、成分は肌の奥まで浸透して大人ニキビ肌に効果を発揮します。
ビタミンは食事から補うことが出来る成分ですが、実際に普段の食事の中で必要なだけのビタミンを摂取することは難しいです。
大人ニキビを直すため、そして美肌を保つために、ビタミンの入った大人ニキビ化粧品を使いましょう。
繰り返しやすい大人ニキビもビタミンの入った大人ニキビ化粧品を使えば皮脂の分泌が抑えられて炎症がおさまりニキビ跡もきれいにとれますよ。