大人ニキビの跡はしっかりケアして治そう

 

肌に赤みがあるニキビ跡を治すケア方法とは?

ニキビ跡の中でも一番初期の段階が赤みがある状態です。
ニキビは治ったのに炎症だけがまだ残っているのです。

 

肌はターンオーバーが行われれば、炎症もおさまって肌が生まれ変わります。
しかし、ターンオーバーが乱れたままでは炎症は治らないままです。

 

いくら美容成分が豊富なものを使っても、肌の奥まで成分が届かなければ意味がありません。
肌に赤みが残っている場合は、肌がかなり弱っている状態にあります。
まずは肌の奥まで美容成分が浸透するように、肌を柔らかくする成分が入った化粧品を選んで肌を元気にしてあげてください。
そのあとで、ビタミンCが入った化粧品をつけると、肌は元気になって赤みを消してくれます。

 

黒くシミになってしまったニキビ跡を消すニキビケア方法とは?

ニキビはもう治っているのに、ニキビ跡が黒いシミのように残ることがあります。
それは、赤みができたニキビ跡が一歩進んだ状況です。

 

赤みのニキビ跡よりも少し時間はかかりますがあきらめないでください。
適切なケアを続ければ、ニキビ跡を少しづつ薄くして消すことができますよ。

 

黒くなってしまったニキビ跡は美白成分が入った化粧品でゆっくり治していきます。
美白成分の入った化粧品はいくつかありますが、ニキビが出来て弱った状態の肌に強すぎる成分が入ったものを使えば、肌トラブルを引き起こしてしまいます。
植物成分など天然の美白成分を使った化粧品もあります。
敏感肌用のもので、さらに美白効果の高い化粧品を選んでください。