夏の季節に必要な大人ニキビのニキビケアは?

 

洗顔のし過ぎは大人ニキビを作る?

の暑い時期は、ちょっと外にでるだけでも汗をだらだらかいてしまいます。
きれいにお化粧をして出かけたとしても汗で落ちてしまって、いやな思いをする人も多いです。

 

夏の間の肌はお化粧をしていてもしていなくても汗でベタつきます。
べたべたした肌を洗い流そうと、つい洗顔料を使ってゴシゴシ洗いたくなります。

 

しかし、洗顔のやり過ぎは大人ニキビのできた肌には大敵です。
洗顔をすれば肌の汗や汚れは落としてくれるのですが、それと一緒に皮脂も落ちます。
あまりにごしごし洗えば、必要な皮脂まで落とされて肌が乾燥してしまいます。
肌の乾燥は大人ニキビの原因を作りますから、洗顔はやりすぎないようにして、朝晩の2回にとどめることをおすすめします。

 

ニキビケアには夏だからこそ保湿が必要

夏は肌が汗でベタベタしている時期だから、特に保湿は必要ないのではないか、と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、汗で出ると肌から水分が失われますから、肌はかえって乾燥しているのです。
汗が出ているからといって保湿を怠ることはいけません。
肌の表面には汗が出ていても、肌の内部は乾燥しているから保湿ケアは必要なのです。

 

保湿には化粧水や美容液が必要ですが、肌の奥まで水分を届かせなければいけません。
化粧水や美容液を選ぶ時は成分の浸透力が高いものを選んでください。
成分がナノ化されているなど、毛穴の奥までしっかり美容成分が入れば肌は奥から保湿されます。
夏だからこそ保湿対策を万全にして、大人ニキビを解消して美肌を守りましょう。