生理前にできる大人ニキビはどうしたら治る?

生理前にできる大人ニキビはどうしたら治る?

生理前は黄体ホルモンの動きが活発になりホルモンバランスが崩れます。その結果、肌は皮脂を多く分泌するようになって大人ニキビができやすいです。皮脂量の多い時ですから洗顔に注意しましょう。洗顔をして皮脂を洗い流してからしっかり保湿すれば、肌は落ち着いてきますよ。

生理前には洗顔と保湿が必要

生理前はホルモンバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌しますから、大人ニキビができやすいです。
毛穴に詰まった皮脂を洗い流し、その後でしっかり大人ニキビ化粧品を使って保湿し、肌を守りましょう。

 

洗顔でニキビの原因である皮脂を取り除こう

大人ニキビを治すためには、生理前にかかわらずいつも洗顔は重要ですが、ニキビの出来やすい生理前は特に念入りに洗顔する必要があります。

 

念入りにと言ってもごしごし強い力で洗ってはいけません。
大人ニキビが出来る肌は弱っていますから、泡の力などを利用してふんわりやさしく洗い流しましょう。
洗浄成分が肌の奥まで届く洗顔剤を使うことがオススメです。

 

洗顔をした後は保湿して肌に潤いを与えよう

洗顔すれば皮脂は洗い流されますが、洗ったことによって肌の水分も失われています。
肌が乾燥したままで放っておけば、乾燥した肌が潤わせるために皮脂を出してしまいます。
皮脂が出ればまた毛穴をふさいで大人ニキビが出来るだけですから、大人ニキビ化粧品でしっかり保湿をしましょう。肌を潤わせましょう。
肌の奥まで水分が届くように、浸透性の良い化粧水や美容液を使うといいですよ。