大人ニキビができかけの肌を改善する方法はある?

大人ニキビができかけの肌を改善する方法はある?

まだニキビにはなっていないけれど、触ってみるとゴツゴツしていて今にもぷつっとニキビが出来る前の状態の肌は気持ち悪いものです。しかし、まだ炎症などを起こしていない初期の状態であれば治すことも難しくはありません。しっかり洗顔して保湿対策をすること、そして脂っこいものを食べ過ぎないようにしてこれ以上悪くならないように予防しましょう。

大人ニキビの初期段階にするべき大人ニキビケアとは?

肌がザラザラしていたり、ごつごつしていて触ると痛く、もう少しでひどいニキビになりそう、という状態があります。
それは大人ニキビの初期段階の状態です。
このままにしておけば、炎症を引き起こすなどニキビで痛い思いをすることになります。
炎症を起こしてからだとケアにも時間がかかりますから、早いうちにきちんとケアしてあげましょう。

 

毛穴に皮脂がつまらないように丁寧に洗顔しよう

大人ニキビが今にもできそう、という時は毛穴に余分な皮脂や汚れが残って詰まっている状態にあります。
皮脂や汚れはほうっておくとたまるだけですから、何もしなければ大きなニキビが出来るだけです。
毛穴の奥まで洗浄成分が届く洗顔料を使って、やさしく顔を洗ってください。
スクラブなど肌に刺激があるものを使ってはいけません。
肌に刺激を与えればトラブルを引き起こし、ニキビが増えるだけですから洗顔のやり過ぎにはご注意ください。

 

保湿して肌を柔らかくし新陳代謝を促そう

洗顔の後は、化粧水や乳液、美容液で肌を保湿することが大人ニキビ予防には一番です。
洗顔したあとの肌は潤いも少なくなっていますから、水分を入れることは何より大切です。
保湿をすれば肌が柔らかくなって代謝も良くなりますから、肌は生まれ変わりが進みます。
そうすれば、大人ニキビになりかけの肌も、ひどくなる前に改善することができますよ。