大人ニキビ化粧品の肌質別選び方 | 乾燥肌の場合

ニキビができている肌は皮脂が多くてべたべたしているというイメージを持つ方が多いですが、30代をすぎて大人ニキビができる方は乾燥肌の方に多いです。

 

乾燥しているのだからニキビはできるわけがないと思ってニキビケアを怠っていると、気が付かないうちに大人ニキビができます。できてからつらい思いをすることがないよう、乾燥肌の方こそ大人ニキビ対策は必要です。

 

乾燥肌の方はどうして大人ニキビができやすいの?

肌は乾燥しているのに大人ニキビができてしまう原因は以下のとおりです。

 

肌を潤わせようと皮脂が過剰に分泌してしまう

 

新陳代謝が悪いために皮脂が毛穴に詰まりやすい

 

肌は水分が足りなくなると自ら潤わせようと働きます。そして乾燥肌の方は、水分が足りない分を補おうと皮脂を必要以上に分泌します。また新陳代謝が悪い方は肌に水分が行き渡っていないために肌が乾燥しますが、その状態で皮脂が分泌されれるために皮脂が毛穴に詰まって大人ニキビを作ります。

乾燥肌の方はどんな大人ニキビ対策が必要?

ニキビが出来ると肌に詰まっている皮脂を取り除くことばかり考えてしまいますが、乾燥肌の方はその前に大人ニキビに負けない強い肌作りに力を入れてください。乾燥肌の方が強い肌になるには、以下のことが必要です。

 

肌に潤いを与えて肌の代謝を良くする

 

肌の代謝を促進する成分が入った化粧品を使う

 

30代以降の乾燥肌の方の肌を元気にするためには、まず肌に潤いを与えることが必要です。肌の水分量が足りないままでいると、肌の代謝は悪くなりますし、肌は余分な皮脂を分泌し続けます。肌を健康にするためには、まず足りない水分を外から補充してあげましょう。

 

水分を補充するためには、カサカサして硬くなった乾燥肌でも吸収できるように作られたセラミドなど保湿成分が入った大人ニキビ化粧品が効果的です。

 

また、乱れてしまった肌の代謝を良くするためには、肌の代謝を促進する成分が入った化粧品が必要です。大人ニキビ化粧品を調べてみますといろいろな美容成分が入っていますが、乾燥肌対策としては肌の再生を促すコラーゲンやビタミンC誘導体などが入ったものを選びましょう。

 

大人ニキビができていると、洗顔の時はついゴシゴシ強い力で洗ってしまいがちです。しかし乾燥肌の方は洗顔することで皮脂をとりすぎてしまって肌の状態を悪化させてしまう可能性が高いですから、やさしいケアに心がけてください。泡やクレイが入った洗顔料ならば、力を入れなくても汚れや皮脂が浮いてきます。やさしくマッサージをして肌の水分を守りつつ、大人ニキビを治しましょう。