大人ニキビ化粧品の肌質別選び方 | 敏感肌の場合

ちょっとしたことでもすぐに肌荒れを起こしたり大人ニキビなど肌トラブルが起きる敏感肌の方は少なくありません。統計によれば、敏感肌だと悩んでいる方の数は女性全体の7割だといいます。年齢を重ねれば重ねるほど敏感肌の方は増えますが、30代をすぎたら大人ニキビを作らないためにも敏感肌でもできる大人ニキビ対策を始めましょう。

 

敏感肌の方が大人ニキビが出来る原因は?

 

肌の新陳代謝が乱れている

 

肌の角質層が崩れている

 

古い角質や化粧品の油分が毛穴をつまらせている

 

生理中、または生理前でホルモンバランスが崩れている

 

敏感肌の方の肌は年齢を重ねると新陳代謝が乱れて肌のバリア機能が崩れやすくなりますから、30歳を過ぎると肌はかなり不安定です。肌のバリア機能が崩れることで肌の角質層がこわれて古い角質が毛穴に詰まりやすくなりますし、そこに化粧品の油分も加われば毛穴は呼吸をすることができずに大人ニキビとなります。

 

敏感肌の方はいろいろなことに影響を受けやすいですから、ホルモンバランスが崩れる生理中や生理前は、特に肌の状態が悪くなって大人ニキビがたくさん出来てしまいます。

敏感肌の方はどんな大人ニキビ対策が必要?

 

常に洗顔で肌を清潔に保つ

 

徹底的に保湿する

 

肌に刺激のない成分で作られた大人ニキビ化粧品を選ぶ

 

敏感肌の方は少しの刺激でも肌トラブルになることから、洗顔をすることが怖いと思っている方も多いです。しかし、大人ニキビのない健康な肌を保つためには、肌を清潔に保つことが必要です。

 

30代になると特に敏感肌の方はさらに肌が敏感になるために洗顔をどうするか悩みますが、肌を清潔にするために、しっかり洗顔は行うようにしてください。ただし、肌を刺激し過ぎると肌トラブルになりますから、肌に優しい洗顔料を使って優しく洗うことがポイントです。

 

もう一つ、敏感肌の方が大人ニキビを作らないためには、徹底的に保湿することが大切です。外からの刺激から肌を守るためには肌のバリア機能を正常な状態に整えなければいけません。肌の角質層が整って肌のバリア機能がしっかりすれば、多少の刺激を受けても肌トラブルを起こすことはなくなります。

 

大人ニキビ化粧品はいくつか種類がありますが、敏感肌の方は成分が気になりますよね。特に30代に入ると肌はさらに敏感になりますから、自分に合う化粧品を選ぶことも大変です。保湿効果や美容効果が高い化粧品だったとしても、強い成分が使われた化粧品を使うと敏感肌の方には逆効果です。

 

敏感肌の方は大人ニキビ化粧品を選ぶときに成分には特に注意してください。植物成分で作られているなど、肌に優しい成分で作られている化粧品ならば安心です。