大人ニキビ化粧品の肌質別選び方 | 脂性肌の場合

いつも脂で顔がテカテカしていて一年中大人ニキビに悩まされるのが脂性肌の方です。30歳を超えると肌は若さを失い始めて代謝が悪くなり、ただでさえ大人ニキビが治りにくい脂性肌の方は、さらにニキビの治りが遅くなります。脂性肌の方は、ニキビ化粧品を使ってニキビを治すことに力を入れなければなりません。

 

脂性肌はどうして大人ニキビが出来やすいの?

脂性肌の方は、下記の理由で大人ニキビができやすいです。

 

ホルモンバランスが崩れているため、皮脂の分泌が多い

 

皮脂の分泌が多いために毛穴がつまりやすい

 

皮脂の分泌が多い理由は、ホルモンバランスの乱れにあります。30代から40代にかけては男性ホルモンであるアンドロゲンやテストステロンの分泌が多くなるために、ホルモンのバランスが乱れて、皮脂の分泌が増えます。もともと皮脂の分泌量が多い脂性肌の方は、ホルモンバランスの乱れによってさらに皮脂の分泌が増えたために、皮脂が多すぎるために毛穴が詰まり、大人ニキビを増やします。

脂性肌の方はどんな大人ニキビ対策が必要なの?

 

泡の力で優しく余分な皮脂を取り去る

 

さっぱりタイプの化粧水や美容液で肌を整える

 

脂性肌の方が大人ニキビを治すためには、大人ニキビが増えない肌の環境づくりが大切です。そのためにはまず皮脂の分泌が多いために詰まってしまった毛穴をきれいにしてあげなければいけません。そのために必要なのは洗顔料です。洗顔料の中でも効果的なものは、ふんわりした泡の力で洗うことが出来るものです。

 

大人ニキビができている肌は非常に敏感で弱くなってしますから、肌は刺激に弱い状態です。そんな時に強い洗顔料を使うと肌荒れがひどくなるだけですから、泡の力でふんわり皮脂を浮かせてとるようにしましょう。

 

洗顔をしてきれいになった肌はしっかり保湿しましょう。洗顔によってだいぶ水分は失われていますから、肌の新陳代謝を良くするためにも水分補給は必要です。大人ニキビ対策用化粧品の中にも、いろいろな化粧水や美容液があります。その中でも気をつけていただきたいのは成分です。

 

乾燥を防ぐために保湿成分が入った化粧水や美容液はオススメなのですが、脂性肌ですから不必要な油分は必要ありません。化粧水や美容液には油分が含まれたものもありますから、成分を調べて油分がそれほど含まれていないものを探してください。

 

洗顔と保湿さえしっかり続けていれば、脂性肌の方の大人ニキビもおさまってきます。大人ニキビは普通のニキビよりも繰り返しやすいですから、なかなかニキビが治まりにくい脂性肌の方は特にニキビ対策に力を入れてください。