30代になって生理になるたびにぽちっとできるようになったニキビは解消できる?

30代になって生理になるたびにぽちっとできるようになったニキビは解消できる?

生理になると女性ホルモンが急激に減ることで肌のバリア機能が崩れ、大人ニキビができます。
大人ニキビは繰り返すのが特徴ですから治ったと思ってもまた再発することが多いです。
20代よりも肌の少しの変化で影響が出やすい30代は大人にきびができやすいですから、大人ニキビを治したければ、使っている化粧品にも注意して時間を掛けて肌を改善していきましょう。

 

生理中にできやすい大人ニキビはしっかり対策を取ることが必要

いつもはニキビが出来ないのに生理中になると、毎回ぽつっとニキビが出来て嫌だ、という方は多いです。
20代のころは肌の新陳代謝が良いために影響を受けにくいのですが、肌の代謝が弱くなる30代以降になると、生理になると大人ニキビがいつもできるようになります。
美肌を守るために普段からしっかり対策をしてニキビ予防につとめましょう。

 

生理中に大人ニキビができるのはなぜ?

生理前は女性ホルモンの分泌が増えてバランスを崩して大人ニキビができます。
しかし、生理中はバランスはとれているものの、急激に女性ホルモンが減ります。
その結果、肌の水分量が失われてバリア機能が弱まり、大人ニキビができてしまいます。
生理中は体温が低いため、身体の代謝機能も弱まっています。
代謝が弱いと肌の生まれ変わりが上手に働かず、ニキビはなかなか治らず悩みのタネになります。

 

生理中に出来た大人ニキビを早く治すには?

バリア機能が弱くなった肌は水分を失い、肌は乾燥して大人ニキビを悪化させます。
失った水分を取り戻すよう、大人ニキビ化粧品は保湿効果の高いものを選びましょう。

 

もうひとつ、生理中で急激に減った女性ホルモンを回復させるために女性ホルモンに働きかける成分の入った大人ニキビ化粧品も効果的です。

バラの香りは女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促しますから、ローズの香りが入った化粧品はオススメですよ。