インナードライで見た目はオイリー肌だけれど、どうしたら大人ニキビが治せる?

インナードライで見た目はオイリー肌だけれど、どうしたら大人ニキビが治せる?

インナードライの方は、見た目はベタベタしたオイリー肌のため、大人ニキビを治す場合に洗顔をした後はどうしたらよいか迷ってしまうことが多いです。

 

たしかに見た目はベタベタしているので脂分を取ることを優先してしまいますが、肌の内部は乾燥していてベタベタしているのにカサついた状態です。
大人ニキビを治したいなら保湿は忘れずにするようにしてください。

 

インナードライ肌を改善すれば大人ニキビも治せる

表面上の皮脂が多くてべたついていて大人ニキビもできている肌は、見た目ならば脂分をしっかり落とせばニキビが治るように見えます。
しかし、インナードライ肌であれば表面と内側は状態が全く異なり、内側はカサカサに乾いた状態です。
乾燥した部分に潤いを与えなければニキビも治りませんし肌も改善しません。

 

インナードライ肌の原因として考えられるものは?

大人ニキビがあるインナードライ肌の方の原因の多くは洗顔のしすぎです。
大人ニキビが気になって何度も洗顔したために、肌は必要な水分や皮脂も失ってしまったのです。
水分や皮脂がなくなると、肌は自ら補おうと皮脂を過剰に分泌して大人ニキビを作ります。
大人ニキビを治そうと思って洗顔を頑張って逆効果でインナードライ肌になったというわけです。
洗顔は大人ニキビを治すための基本ですが、洗顔のし過ぎには十分注意してください。

 

インナードライ肌で大人ニキビができている場合の解消法は?

洗顔は敏感肌用の大人ニキビ化粧品を選んで優しく洗いましょう。
その後にはしっかり保湿して肌に水分を行き渡らせてください。
洗顔料と同じく、敏感肌用で成分が細かく肌の奥まで浸透するものがおすすめです。
最後に、保湿量が強いセラミドなどが入った大人ニキビ化粧品を使って優しく肌に塗りましょう。
保湿成分が入ることで、肌はだんだんと潤い、大人ニキビもなくなります。