30代になって大人ニキビができるのはどうして?

30代になって大人ニキビができるのはどうして?

20代はきれいな肌だったのに、30代になって急に大人ニキビが増えた、という方は多いです。
30代は子育てや仕事に忙しい時ですから、睡眠不足やストレスなど、普段の生活でニキビができてしまいます。

 

30代以降こそ大人にきびができやすい

10代の頃にできていた思春期ニキビは20代になる頃にはほとんどおさまります。
20代になってニキビとはさようなら出来た、と思ってたら、30代になってまたニキビ、と悩む人は多いです。

 

なぜ30代になるとまたニキビが再発してしまうの?

30代は子育てに忙しかったり、会社でもいろいろなことを任されて忙しい時です。
ストレスは溜まりますし、夜もぐっすり眠ることができない日々が続いてはいませんか?
寝不足が続いたり、イライラがたまれば、身体にも影響が出ます。
新陳代謝も悪くなりますので、毛穴が詰まり、大人ニキビができてしまいます。

 

大人ニキビを治すためにまずできることとは?

大人ニキビ化粧品も多く出回っていますが、まず生活習慣を見直すことが必要です。

 

小さな子供がいたり、仕事が忙しい時は、寝る時間を確保することなどできない、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、次の日まで疲れが残れば、どんなに効果の高い大人ニキビ化粧品を使っても効果を出すことができません。

 

できるだけ夜はゆっくり体を休めて睡眠時間を確保し、疲れを次の日に残さないようにしてください。

大人ニキビをなくして美肌を取り戻すためには、まず美肌を作るための環境づくりから始めましょう。