大人ニキビの赤い跡はどうしたら消すことができる?

大人ニキビの赤い跡はどうしたら消すことができる?

大人ニキビが炎症を起こして潰れた状態が赤い跡です。
10代から20代の間は代謝が活発ですから、炎症が治るのも早いです。
しかし30代になると代謝が遅くなるため、ニキビが治っても炎症だけが治らないことも多いです。
時間はかかりますが、洗顔や化粧水などで、ゆっくり少しづつ治していきましょう。

 

大人ニキビの赤い跡は大人ニキビ化粧品を使ってじっくり治そう

大人ニキビの赤い跡は触ると痛いですし、見た目にも気になるものです。
つい手で触ってしまって悪化させてしまう方も多いです。
赤い跡は炎症ですから、肌が弱っている証拠です。
時間はかかっても、早いうちから対策を取ることが必要です。

 

大人ニキビの跡を治すためにしてはいけないことは?

赤い跡はズキズキしますし目で見るとどうしても気になりますからつい手で触ってしまいます。
しかし、手で触ると、アクネ菌の繁殖が進んで、新たな大人ニキビができてしまうことも。
また、手で触って潰してしまうと、その後が陥没してさらに肌トラブルが進みます。
炎症を治したくてつい触りたくなりますが、じっと我慢して大人ニキビ跡には直接触らないようにしましょう。

 

大人ニキビの跡を治すための方法とは?

大人ニキビを治すためには、肌にやさしい大人ニキビ化粧品を使って時間を掛けて治すことが必要です。
敏感肌用の大人ニキビ化粧品ならば、つけても刺激は少ないです。
洗顔は優しく炎症を悪化させないようにして、化粧水はたっぷりつけましょう。

大人ニキビの跡を見せたくないからファンデーションを厚塗りしたくなりますが、美肌を作るために厚塗りはお控えください。