30代になったら20代とは違う大人ニキビ化粧品を使うべき?

30代になったら20代とは違う大人ニキビ化粧品を使うべき?

20代の頃とは違い、30代以降にできる大人ニキビは乾燥が原因となって引き起こされることが多いです。
30代になると、だんだん肌は水分を失いますから水分の補充が必要です。
大人ニキビ化粧品の中でも、保湿力の高いものを選んで使うようにしましょう。

 

20代とは違う30代の大人ニキビ対策

20代の頃の肌は水分量も豊富ですので皮脂が多少増えたとしても、肌はまだ潤いを保てています。
しかし、30代になると肌の水分量は失われますので、水分と皮脂のバランスが崩れます。
20代とは違う対策をしなければ、大人ニキビを治すことができません。

 

30代におすすめのニキビのお手入れ方法とは?

30代の方が大人ニキビを治したければ、大人ニキビの原因となっている水分を失わないようにすることがもっとも大切です。
まずは洗顔料を使って優しく皮脂を取り去り、その後はすぐに保湿対策を取りましょう。
絶対に肌を乾燥させることがないようにしてください。
大人ニキビをなくそうと思って肌を洗いすぎると、肌が必要としている皮脂まで取り去る可能性があります。
皮脂の取り過ぎは肌荒れを引き起こしますから何度も洗わないで一度やさしく洗うだけにとどめましょう。

 

30代におすすめの大人ニキビ化粧品選びのポイントは?

まずは肌にやさしいことです。
いくら洗浄力が強いもの、または美容成分がたくさん入っている化粧品でも、強い成分が入っていれば肌が負けてしまいます。
洗顔料は、潤いを残しながらも肌に残っている余分な皮脂だけを洗い流してくれるものがいいですし、化粧水は肌にやさしい植物成分などで作られていて肌に潤いを与えてくれるものがおすすめです。

 

大人ニキビ化粧品を選ぶ時は、特に洗顔料化粧水を注意して選んでください。