シミになりやすい

ニキビはきれいに治らないとシミになってしまいます。
新陳代謝が良い20代までの肌であればシミになる心配は少ないのですが、30代以降の大人ニキビのある肌はシミになりやすく要注意です。

 

30代以降の大人ニキビはどうしてシミになりやすいの?

肌の代謝が進んでニキビがおさまれば跡もなくなります。
若いうちはニキビが出来てもニキビが治りさえすればすぐにきれいな肌に戻ることが出来ます。

 

しかし、30代をすぎれば、時間がかかってなかなか肌が生まれ変わることができませんから、大人ニキビ跡がシミとなって残ってしまいます。
残ったシミはだんだんと色素が沈着して濃くなり、さらに取れにくくなって厄介な存在となります。

 

大人ニキビが悪化してできたシミは大人ニキビ化粧品で治せるの?

大人ニキビ化粧品の中には、美白効果がある成分が含まれているものがあります。
美白効果が高い、と言われている成分の一つがビタミンCです。

 

同じビタミンCでも肌に浸透しやすいビタミンC誘導体の形で配合してある大人ニキビ化粧品を使えば、シミになってしまった大人ニキビ肌も徐々にシミが薄くなって目立たなくなります。

 

美肌を作るためには新陳代謝を良くすることも必要ですから、30代の弱くなりかけた新陳代謝を上げるために保湿成分とビタミンC誘導体が入った大人ニキビ化粧品を積極的に使うようにしましょう。

 

使ってすぐにシミを消すことが出来るというわけではありませんが、毎日ちゃんと使えば徐々にシミはおさまって目立たなくなってきます。
途中でやめたら効果を得ることができませんから、あきらめずに美白効果入りの大人ニキビ化粧品を使い続けましょう。