ホルモンバランスの乱れから起こることが多い

女性ホルモンがバランスがとれていれば体調も良いですし、美肌も維持することができます。
しかし30代の女性はホルモンバランスが乱れやすく、体の調子も肌の調子も悪くなって大人ニキビを作ります。
ホルモンバランスの乱れは、外から働きかけて直してあげなければ大人ニキビも治りません。

 

ホルモンバランスが乱れると、どうして大人ニキビが出来るの?

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類のものが存在し、両方が上手にバランスを取り合っています。
その一つであるエストロゲンには肌の新陳代謝を促し美肌を保つ働きがあります。

 

しかしエストロゲンは20代を境にして量が減っていきますのでホルモンバランスが乱れます。
30代はストレスもかかりやすいことから、さらにホルモンバランスは乱れやすく、代謝を促すエストロゲンがうまく働かないため大人ニキビが増えてしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビは大人ニキビ化粧品で治せるの?

大人ニキビ化粧品の中には、女性ホルモンに働きかける成分が入ったものがあります。
女性ホルモンの分泌を促すのは脳ですので、香りを使って量が減ってしまったエストロゲンを増やすことが出来るのです。

 

女性ホルモンの分泌を促す香りの一つがローズです。
ローズの香りがある大人ニキビ化粧品を使うようにするとエストロゲンの分泌が促されますから、だんだんと肌の調子が整ってきて大人ニキビもおさまってきます。
香りの良い化粧品を使うとストレスも解消されて肌の調子もより良くなりますから、大人ニキビ化粧品を選ぶときには香りにも注目してください。