アゴやUゾーンにできることが多い

思春期ニキビと大人ニキビは、ニキビの出来やすい場所が異なります。
Tゾーンに集中してニキビが出来る思春期ニキビと違い、30代になると増える大人ニキビはあごやUゾーンに集中してできます。
大人ニキビには、大人ニキビに合わせた対処法を考えることが求められます。

 

大人ニキビはどうしてアゴやUゾーンに出来るの?

アゴやUゾーンは皮脂が少ないところです。
ですから、皮脂の分泌が多くてニキビが出来るわけではありません。
アゴやUゾーンは皮脂だけでなく乾燥しがちなので新陳代謝が悪くにきびができやすいです。

 

皮脂の分泌が少ないのにニキビが出来るのは、ストレスで代謝が進まず肌が乾燥したことに原因があります。
30代の女性は家庭でも仕事でも大忙しでストレスが溜まりやすい時期です。
ストレスで肌が乾燥すれば、老廃物が外に流れにくくなり、大人ニキビができてしまいます。

 

アゴやUゾーンの大人ニキビは大人ニキビ化粧品で治せるの?

アゴやUゾーンの大人ニキビを治すためには、老廃物が詰まっている原因を取り除き、乾燥を防いで肌に潤いを与えることが必要です。
そのために効果的なのが大人ニキビ化粧品です。

 

大人ニキビ化粧品の中には、洗浄成分が肌の奥まで届いて優しく老廃物を取り除いてくれるものがあります。
30代の肌は20代までと違って敏感になっていますから、洗浄成分が強すぎると肌への刺激となってしまいます。
しかし、大人ニキビ化粧品ならば肌に優しい成分で優しく洗うことができますから、汚れだけをきれいに取り除くことができます。

 

肌がきれいになってから保湿成分を浸透させれば、肌の乾燥も取れてだんだんとアゴやUゾーンの大人ニキビもおさまります。