大人ニキビを治すクリームの選び方は?

大人ニキビを治したければ、基礎化粧品を使って肌のお手入れをしなければいけません。

 

そのためにはクリームを使うことも必要ですが、クリームの選び方によっては肌を悪化させる可能性がありますので注意が必要です。特に30代の大人ニキビができている肌は敏感になっているだけに、肌に合うクリームを探すことは大変です。

 

大人ニキビ化粧品のクリームの役割とは?

クリームはつけるとベタベタするから大人ニキビができているときは使いたくないという方は多いです。しかし、肌のベタつきとクリームは関係ありません。

 

大人ニキビ化粧品のクリームは、化粧水や美容液の成分が肌から逃げないように抑えるという役割があります。化粧水や美容液をつけただけでは、せっかくの美容成分が肌に浸透する前に蒸発するという恐れがありますが、クリームがあればクリームの油分が膜を作って肌を覆いますから、美容成分が蒸発する危険を防げます。

30代の大人ニキビができている肌を悪化させるクリームとは?

いくら美容成分がたっぷりはいったクリームであっても、肌に刺激になる成分が入っていては効果を得られません。30代の肌は刺激に弱くなっており、美容効果が高くても刺激になる成分が入っていてはトラブルが増えるだけです。

 

20代までと同じ肌のつもりでいると、肌を傷めつけることになってしまいます。ですから、30代の大人ニキビができているときは、クリームの成分を見て、植物成分など肌に優しい成分で作られたものを選んでください。

30代の大人ニキビができている肌におすすめのクリームとは?

大人ニキビの原因は肌の水分不足によるものが大きいです。肌からは年齢とともに保湿成分が減少しますから、クリームの成分を見てセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど、肌に潤いを与える成分が入ったものを選んでください。

 

美容成分が入っていても、肌の奥まで浸透することができなければ肌の状態を良くすることはできません。大人ニキビができている肌はその分だけ肌の浸透性が弱いですし、30代になると代謝が悪くなって肌が元気になるまでに時間がかかりますから、クリームを使ってしっかりケアしていきましょう。

 

クリームを使うとなるとどうしても成分だけに目が行ってしまって美容成分や保湿成分が高濃度で含まれているものを選びたくなりますが、高濃度なものは肌への刺激が強すぎてニキビを増やす危険もありますから、肌に優しい化粧品かどうか、使う前に調べておきましょう。