大人ニキビを治すクレンジングの選び方は?

肌のお手入れにクレンジングは欠かせません。
大人ニキビができているときは肌トラブルが起きているだけに刺激を与えたくはありませんが、大人ニキビを治すためにもクレンジングをしないわけにはいきません。30代の方が大人ニキビ化粧品を選ぶときにどのようなクレンジングを選んだら良いかについてお話します。

 

30代の大人ニキビは、通常のニキビ用クレンジングを使っても治らない?

思春期ニキビがおさまってからしばらくたって30代を超えたら急に増える大人ニキビは、思春期ニキビとはその性質が異なります。思春期ニキビは皮脂が過剰に分泌されるために毛穴が詰まってできたニキビです。一方、大人ニキビは肌に水分がなくなったために肌が潤わせようと余分な皮脂を分泌したためにできてしまいます。

 

思春期ニキビができているときは肌の水分は十分ですから、クレンジングで皮脂と一緒に水分が失われたとしても特に問題はありません。しかし、30代以降の大人ニキビは肌の乾燥が原因の1つですから、クレンジングによって水分が失われれば、ニキビが悪化するだけです。

大人ニキビがあるときに使ってはいけないクレンジングとは?

大人ニキビがあるときは、強い洗浄成分で作られたクレンジングは使わないでください。また泡立ちを良くするために使われていることが多い界面活性剤も、大人ニキビができている肌には刺激となるので使えません。

 

大人ニキビができているときは、弱ってしまった肌に潤いと元気を与えてあげなければいけません。30代の方は皮脂と一緒に大切な栄養分まで外に出してしまうような強い成分が入っていないか、よく確かめましょう。

30代の大人ニキビの方におすすめのクレンジングとは?

大人ニキビ化粧品であれば肌に影響ある強い成分が入っていないものが多いですが、特にオススメなのは植物成分など肌にやさしい成分で作られたクレンジングです。また、刺激がなくても肌に詰まっている皮脂は洗い流さなければいけませんから、クレンジングの成分が細かくて毛穴の奥まで洗い上げることが出来るものを選ぶことがおすすめです。

 

大人ニキビ化粧品を比較してみますと、人気の高い大人ニキビ化粧品は成分を細かくして肌の奥まで届いて汚れや皮脂を吸着します。それでいて、水分を一緒に取り去ることはありませんから、クレンジングは成分などを確認してから購入しましょう。

 

効果の高いクレンジングならば、大人ニキビができないばかりか、30代からマイナス肌にすることも可能ですよ。