大人ニキビを治す化粧水の選び方は?

洗顔をして肌をきれいにした後に一番につけるのが化粧水です。
一番最初につけることから肌にも一番先に浸透する化粧品なので、大人ニキビを治して美肌を手にするためには自分に合うものを選ぶことが大切です。30代の大人ニキビができている肌は弱っていますから、よく考えて化粧水を選びましょう。

 

化粧水にはどのような役割があるの?

化粧水には保湿効果があります。
洗顔やクレンジングした後の肌は、皮脂や汚れなどが流されるとともに肌の水分量もいくらか失われています。特に30代は肌の潤いが少なくなっている時期ですし大人ニキビができているのは肌が乾燥している証拠ですから、よりいっそう肌に潤いを与えなければいけません。

大人ニキビがあるときに使ってはならない化粧水とは?

化粧水にはさっぱりタイプとしっとりタイプがあります。
大人ニキビができているとニキビ対策のためにさっぱりタイプを選びたくなりますが、さっぱりタイプは潤い成分が入っていませんので、肌の乾燥を進めてしまうので避けてください。

 

しっとりタイプの化粧水は肌に油分を与えるものではありません。水分を加える事で肌をしっとりさせるのですから、大人ニキビができているときは、しっとりタイプがおすすめです。

30代の大人ニキビができている時の化粧水の選び方は?

大人ニキビ化粧品にはたくさんの種類があり、化粧水のそれぞれの成分を調べてみますとそれぞれ違った成分が取り入れられていることがわかります。しかし、その中でも大人ニキビに効果を出したければ、保湿成分のあるなしに注意してください。

 

ヒアルロン酸やアミノ酸はもともと肌の中に存在する成分なのですが、年齢とともに失われているものです。これらの成分は肌に潤いを与える欠かせない成分ですから、ヒアルロン酸やアミノ酸が入った大人ニキビ化粧品を選ぶようにしてください。

 

さらに大人ニキビが治った後も30代の肌は新陳代謝が弱まっているために、なかなか美肌を取り戻すことができません。大人ニキビ化粧品を比較してみて、考慮していただきたいのが肌のキメを整える成分が含まれているかどうかです。

 

大人ニキビができていた肌を元通りの決めの細かい肌に戻すために、ビタミンCが効果的です。ビタミンCそのままでは肌の奥まで浸透することができませんから、ビタミンCを肌の奥まで浸透するように工夫して作り開けたビタミンC誘導体が入った化粧水を選べば、大人ニキビに効果が現れます。