紫外線を浴びたことでできた大人ニキビはどう治す?

 

10代や20代の若いころでも紫外線対策は必要ですが、30代の肌は若い頃よりもさらに肌が弱い状態にありますから、紫外線に負けてトラブルを起こしやすいです。
そんな肌トラブルの一つが大人ニキビです。
30代はいろいろ忙しくて自分にかまっている暇な時間は少ないですが、外に出る時はしっかり紫外線対策をする必要があります。

 

紫外線を浴びると大人ニキビはどうしてできる?

紫外線は皮膚の細胞の中に活性酸素を大量に発生させます。
その結果、肌は炎症を起こしやすくしますし、美肌を作るために欠かせないコラーゲンを傷つけたり、シミの原因を作るメラニン色素を発生させたりします。
活性酸素を発生させて肌トラブルの原因を作る紫外線は、結果として肌の生まれ変わる周期を崩してしまいますから、代謝が悪くなった肌は大人ニキビを作ります。

 

大人ニキビを治して紫外線対策もできる大人ニキビ化粧品は?

紫外線から肌を守って大人ニキビを治すためにはビタミンCが入った大人ニキビ化粧品が効果的です。
ビタミンCは皮膚の細胞の中に発生した活性酸素を中和して、皮脂の分泌を正常な状態に戻す働きがあります。

 

大人ニキビ化粧品の中にはビタミンCが入った化粧品がいくつかあります。
ビタミンCはそのままでは肌に浸透しにくいため、ビタミンC誘導体など、同じビタミンCでも肌に浸透しやすいように考えられた化粧品を使いましょう。
ビタミンCが肌の奥まで届けば、肌は紫外線に強くなって大人ニキビもできにくくなります。