喫煙や飲酒でできた大人ニキビはどう治す?

 

お酒やタバコは大人になってから、といいますが、30代のころはタバコを吸う量が増えたり、飲み会などでお酒を飲む機会が増えてくる時です。
飲酒や喫煙は健康を害する危険があり体に良くないことはよく言われていますが大人ニキビにも影響があります。
健康のために、そして大人ニキビ解消のためにお酒やタバコは控えましょう。

 

飲酒や喫煙でなぜ大人ニキビが出来るの?

お酒は適量を飲む程度ならば血行を良くしますし、大人ニキビに悪い影響はありません。
しかし飲み過ぎは肝臓などに負担がかかり、体調が悪くなれば代謝も悪くなって大人ニキビができやすくなります。
お酒を飲めば血行が良くなって毛穴が開きますが、そこに雑菌が入れば肌トラブルを起こしてニキビの原因になることもあります。

 

喫煙は血管の収縮を促します。
血管が収縮すれば血液の流れが悪くなって肌が栄養不足を起こし、代謝が悪くなります。
その結果、毛穴に古い角質が詰まってしまい、大人ニキビを作ります。

 

飲酒や喫煙によってできた大人ニキビを治す大人ニキビ化粧品は?

飲酒や喫煙によって肌は元気を失い新陳代謝の悪い状態にあります。
代謝が悪いままですと、肌は水分を失なって乾燥し、大人ニキビを増やすだけです。

 

飲酒や喫煙によって肌トラブルを引き起こして大人ニキビができた肌には、皮膚を再生させるために必要な水分量を外から補充してあげましょう。
そのためには保湿力の高い大人ニキビ化粧品を選ぶことがおすすめです。
肌の奥まで成分が浸透しやすく考えられている大人ニキビ化粧品を使って肌の潤いを取り戻しましょう。
化粧水の成分としてオススメなのがビタミンCです。
ビタミンCには抗酸化作用があって肌の再生力を強めてくれますから、肌は生まれ変わって大人ニキビもだんだんおさまります。