カサカサ肌に出来たニキビはどう治す?

 

10代から20代の間はたいしたケアはしなくても肌は潤っていたのに、30代になればなぜだかお肌はカサカサしてきます。
肌がベタベタしているわけではないからニキビはできない、と考えるのは間違いです。
カサカサ肌になると大人ニキビができて悩まされている人は多いです。

 

カサカサ肌なのにどうして大人ニキビが出来るの?

10代や20代のときは肌の水分量が多いために潤いが保たれているのですが、30代になると肌の水分量はどんどん失われていきます。
水分がなくなった肌はカサカサになるのですが、水分がなくなっても30代の肌はある程度の皮脂量があります。

 

水分が足りなくなった30代の肌は皮脂を外にうまく排出することができず、皮脂は詰まって大人ニキビになるのです。

 

カサカサ肌の方の大人ニキビを治す大人ニキビ化粧品は?

カサカサ肌の方は潤いが無いために肌がかなり弱い状態にあります。
大人ニキビを治すためには毛穴に詰まった皮脂を取り除かなければいけません。
しかし、弱っている肌に強い成分のものを使えば逆効果ですので、洗顔料の成分に注目して肌にやさしい植物成分などで作られたものを選んでください。

 

洗顔をしたら次に必要なのは保湿です。
肌がある程度の水分を蓄えていなければ、肌のターンオーバーは乱れて炎症が広がるなどトラブルを起こすだけです。
洗顔の後は水分も失われた状態にありますので、すぐに保湿対策をすることを忘れずに。
肌の奥まで潤うように保湿成分がナノ化された保湿化粧水などを使って、肌に水分を十分浸透させてください。
肌が潤って元気を取り戻せば、大人ニキビもできにくなります。