ホルモンの乱れからできる大人ニキビはどう治す?

 

30代の主婦は育児が一番忙しい時ですし、仕事をしている30代の女性はいろいろ責任を持たされる時期です。
疲れていても休むことができない30代は、ストレスが溜まってホルモンバランスが崩れます。
その結果、肌の調子は乱れて大人ニキビに悩まされます。

 

ホルモンバランスの乱れると、どうして大人ニキビが出来るの?

ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがありますが、通常ならば両方がちょうどよいバランスを保っています。
しかし、ストレスがかかったり生理前などになると、バランスが崩れて男性ホルモンが増えます。
男性ホルモンが増えると皮脂の分泌が増えてしまい、毛穴を詰まらせ大人ニキビを作ります。
生理前になるとニキビが出来る、という方は多いですが、休むことのできない30代の女性はストレスが溜まっていますからニキビは増えるばかりです。

 

ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビを治す大人ニキビ化粧品は?

ホルモンバランスの乱れは大人ニキビ化粧品を使ってある程度整えることができます。
注目は、バラの成分や大豆イソフラボンが入った大人ニキビ化粧品です。

 

バラの香りには女性ホルモンの働きを正常にする、という効果があります。
バラの香りはリラックス効果も高いですからストレスにも効果を発揮します。
リラックスできて女性ホルモンのバランスも整う、というバラの成分入りの大人ニキビ化粧品はホルモンバランスが悪い方には一番のオススメです。

 

もう一つ、大人ニキビに効果のある成分が大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは、身体に入ると女性ホルモンと同じような働きをします。
ですから、大豆イソフラボンの入った大人ニキビ化粧品を使えば、女性ホルモンの動きが活発になって男性ホルモンの動きを抑えることができます。
ホルモンバランスが整えてくれる大豆イソフラボン入りの化粧品は、大人ニキビを治す大きな力になります。