大人ニキビを治すには保湿が必要

思春期ニキビケア化粧品と大人ニキビ化粧品の違いは?

 

思春期ニキビケア化粧品と大人ニキビ化粧品にはまったく違うところがあります。
それが保湿成分のあるなしです。

 

思春期ニキビを治す時にはニキビを乾燥させます。
ですから、思春期ニキビ対策の化粧品には肌を乾燥させる成分が入っています。

 

しかし、大人ニキビにとって乾燥はトラブルのもとです。
もともと肌が乾燥して新陳代謝が崩れて皮脂が詰まったことで出来たニキビですから、化粧品で肌が乾燥したら、ニキビがひどくなるだけです。

 

ですから、保湿対策の点で、2つは全く異なるものだと覚えておいてください。

 

大人ニキビ化粧品に入っている保湿成分とは?

大人ニキビ化粧品には保湿成分がたっぷり入っています。
その中の1つであるセラミドやヒアルロン酸はもともと人間の肌に含まれていたものです。
しかし、年齢とともにセラミドやヒアルロン酸は減少し、外から補わないと元には戻りません。
そこで効果を発揮するのが、セラミドやヒアルロン酸等がたっぷりはいった大人ニキビ化粧品なのです。

 

水分が不足した状態では肌を悪化させるだけですが、大人ニキビ化粧品ので肌に水分を送り込めば、肌を正常な状態に近づけことができます。
肌に昔の潤いが戻れば、皮脂も余分に排出されることがなくなり、皮脂が毛穴に詰まることはありません。
大人ニキビ化粧品を購入する時は、保湿成分がどれだけ含まれているかを確認して下さい。
肌の炎症を抑えるだけでなく、保湿対策が出来るものを選んで大人ニキビを解消しましょう。